大塚が選んだ名言集  第一回

名言、格言には、先人が長い人生の中で、成功、失敗、沢山の経験を積んで得た渾身の言葉です。先人の知恵と勇気が入っています。気が滅入った時、困った時、上手く行かない時・・・・・・そんな時、この名言を読んで頂ければ、力が涌いて来るかと思います。それでは、どうぞ!!


私は負けない。何故なら、勝つまでやるからだ。
〜本田 宗一郎〜
【大塚】流石の一言!


我々は深く関わり合って生きている。だからこの世での我々の最大の目的は人を助けることである。
〜ダライ・ラマ14世/チベット仏教最高指導者〜
【大塚】人は一人で生きて行く事はできません。


私たちの疲労は仕事によって生じたのではなく、悩み、挫折、後悔が原因となっていることが多い。
〜デール・カーネギー/D.カーネギー研究所設立者〜
【大塚】楽しい気分だと疲れを感じないのは、そういう事だったんですね!!


自分の健康を気にかけし過ぎる人は、道具の手入ればかりしている機械工と同じだ。
〜スペインの諺〜
【大塚】=健康のためだったら死んでもかまわない、、、(笑) ではだめですよね。


地球は丸い。終着点に見える場所が、出発点でしかないかもしれない。
〜アイヴィー・ベイカー・プリースト/元アメリカ財務長官〜
【大塚】
=今日、試合は終わったが、来年の試合への戦いはすでにもう始まっている。―私が大学生の時、クラブのコーチの口癖でした。

あなたが仕事を一時間か二時間長引かせれば、それは十パーセントから二十パーセントの増加にすぎない。ところがその一方で、もともと少ない家庭で過ごす時間の三十パーセントから五十パーセントを削っていることになる。これはとんでもなく大きな損失だ!
〜「いつも「忙しい」を言い訳にする人たち」ベス・ソーイ〜
【大塚】=分かっているようでわかってない方が大勢いるようです。


いいアイデアといい知らせは、眠れない夜に訪れる
【大塚】=そう言われれば、そういう気がしてきました。

では、職人と技術屋の違いはどこにあるのだろうか。それは、学校を出た出ないじゃなくて、一つのものがあると、過去を大事にして、そればっかりにつかまっている人が職人だ。同じ過去でも、それに新しい理論を積み重ねて、日々前進するのが技術屋だ。
〜「ざっくばらん」 本田 宗一郎〜
【大塚】
=医療人は、技術屋でありたいと思います。

とにかくだ、会社を辞める時には『みなさんのおかげで大過なく過ごすことができました』というような馬鹿な挨拶をしないでもらいたいと思っているよ。
〜「ニワトリを殺すな」 ケビン・D・ワン〜
【大塚】=なかなか、言いますね(笑)


どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。救いのない運命というものはない。災難にあわせて、どこか一方の扉をあけて、救いの道を残している。
【大塚】=「方法がない」という言葉はありません。必ず、何か方法があります。


All Right Reserved. Copyright(c) 2003, Otsuka Orthdontic Clinic.
counter log