「プレオルソ」こども歯ならび矯正法・講習会について

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法 | HOME >> 講習会について

「先生のできる範囲の矯正でいいので、なんとかお願いできませんか?」

こどもの患者さんが多い歯科医院で、歯ならびの相談を受けて、「それでは、矯正専門医を紹介しましょう」と言った時、患者さんから「先生のできる範囲の矯正でいいのでなんとかお願いできませんか」と依頼される事が多いかと思います。
この「プレオルソ」は『先生のできる範囲の矯正治療』を「安全に導く」ことができる治療方法です。
★混沌としている小児矯正
小児矯正は、いろいろな呼ばれ方をします。予防矯正・部分矯正・床矯正・保隙・咬合誘導・・などなど「プレオルソ」は「小児矯正」において体系化された治療方法です。矯正専門医が行う、全ての歯牙に固定式装置を装着して行う本格矯正は確実なゴールを目指しますが、この「プレオルソ」は実用的なゴールを目指します。

実用的な「歯ならび」と「咬み合わせ」を目指します。

矯正歯科の先生は、本格矯正することで確実な「歯ならび」と「咬み合わせ」を目指されていると思います。そしてT期矯正だけでは完遂せず、基本的にU期治療すなわち「本格矯正」を行うことで治療を完結すると考えている先生がほとんどだと思います。では、矯正歯科の先生にとってのT期治療とはなんでしょうか。それぞれの先生の考え方があると思いますが、T期治療はU期治療のための「準備」「つなぎ」としての矯正治療と捉えている先生が多いのではないでしょうか?
T期治療は色々な呼ばれ方をします。小児矯正・予防矯正・部分矯正・床矯正・保隙・咬合誘導…と、T期治療は混沌としています。「プレオルソ」はT期治療の中において体系化された治療方法です。「プレオルソ」を取り入れる事で、U期治療の期間を大幅に短縮できるだけでなく、矯正歯科の先生が日常の臨床で頭を痛めている「後戻り」に対しても劇的な効果があります。それは、「プレオルソ」が口腔内外の環境を整える治療方法だからです。

講習会に行く時間がないので装置だけ売ってくれませんか?

私が一番恐れているのは、誤った使い方によって治療結果が出ないことです。ただ装置を販売する目的であれば講習会の必要はありません。この目指す結果を得るための、正しい使い方をマスターして頂くための講習会です。
★なぜ装置を入れて口を閉じるのか?
★なぜ舌の使い方にこだわるのか?
目からウロコを落して頂きます。

講習会スケジュール/内容

1. 「プレオルソ」について
2. 反対咬合の診断
3. タイプV紹介
4. 開咬症の診断
5. タイプT紹介
6. 実習
7. タイプU紹介
8. T4K紹介
9. 費用設定、トラブル
10. 反対咬合、今までの治療方法
11. 骨格性の反対咬合治療方法
12. 医院への導入方法
  最大の難関使わない子供への対応
13. タイプV症例
14. 「プレオルソ口腔筋機能療法
15. 仕事 最適化



●キャンセルについて
キャンセルされる場合は、開催日より3営業日前(土/日/祝を除く)の17時頃迄にお電話にてご連絡ください。それ以降は、キャンセル料として受講料の50%、当日のキャンセルおよび無断欠席の場合、100%をキャンセル料として申し受けます。

キャンセル日 キャンセル料

セミナー開催日より3営業日前

発生致しません

セミナー開催日より2営業日前以降

受講料の 50%

当日キャンセルおよび無断欠席

受講料の100%
※返金の際の振込み手数料は、振り込み金額の中から差し引かせていただきます。

●セミナー日の振替について
セミナー日の振替をご希望の場合は、開催日より8日前の17:00までにお電話にてご連絡ください。それ以降はそれぞれ下記の振替手数料(お弁当、会場手配の手数料)を申し受けます。
振替受付日

振替手数料

セミナー開催日より8日前

発生致しません

セミナー開催日より7日前〜前日

手数料 税込 3,240 円

セミナー当日以降

キャンセル扱い(全額)
※振替手数料は、当日会場にてお支払をお願い致します。

ご参加頂く先生方のお席を確保し、よりよいセミナーになる様準備を整えてお待ちしておりますので、何卒ご了承くださいます様よろしくお願い致します。

topへ戻る