私が「プレオルソ」を開発した
大塚です。

私は、現役の矯正専門医として30年近く臨床を経験してきました。
そして日常臨床の中で、多くの小児の不正咬合をFKO・ビムラー・近年開発された既製の“マウスピース型装置”や“マルチブラケット装置”等を用いて治療を行ってきました。10年程前から、患者さんに負担が少なく、安定した結果を得る事が出来る治療方法の開発に着手して、以来、試行錯誤を繰り返し、現在の「プレオルソ」こども歯ならび矯正法に至りました。数年前から、日常の臨床で使用できる治療方法および装置が確立し、一般歯科医や矯正専門医の先生方にもこの装置や治療方法を実際の臨床で導入して頂き、数々の良い結果の報告を頂いております。

大塚 淳
東京歯科大学卒業、東京歯科大学大学院卒業、医学博士・歯学博士、東京歯科大学非常勤講師、日本矯正歯科学会認定医、大塚矯正歯科クリニック医院長

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法

既製のマウスピースを使用した小児矯正。
お子様の歯ならびが気になる方へ。

「プレオルソ」いびき

既製のマウスピースを使用したいびき改善治療。
いびき、睡眠時無呼吸症候群でお悩みの方へ。