クリニックについて

院長紹介/プレオルソ開発者紹介

大塚 淳

~院長(大塚 淳)からのご挨拶~

当クリニックでは患者さん全てが治療を快適に受けて頂けるように、設備とスタッフの両面から患者さんをしっかりとサポートしております。明るく落ち着いた雰囲気の診察室はプライバシーを守るため個室(一部)になっており、他人の目を気にすることなく治療が受けられるよう配慮しています。
 歯科矯正専門医、歯科衛生士、歯科技工士などスペシャリストのスタッフで治療をしていきますので、安心して受診して頂けます。
 治療においては、常に最良の結果を得られるようそれぞれの患者さんに応じた最高の治療をしています。また、滅菌器や消毒についても、最新の機器・手法を用いてクリニック内の感染コントロールには特に万全を期しております。
 一人でも多くの歯ならびでお悩みの方に、他人の目を気にすることなく歯の矯正をして頂き、心からの笑顔と健康を手に入れて頂きたいと思っております。  矯正治療は正しい理解のもと、私達スタッフと患者さんとが協力し合って最終ゴールに到達するものです。患者さんに安心して治療に専念していただくため、納得いくまでご相談に応じ、矯正の細やかな疑問やご質問にお答えしながら、最善の治療を行いますのでご安心しておまかせください。

~開発者(大塚 淳)からのご挨拶~

私が「プレオルソ」を開発した大塚です。
私は、現役の矯正専門医として30年近く臨床を経験してきました。
そして日常臨床の中で、多くの小児の不正咬合をFKO・ビムラー・近年開発された既製の“マウスピース型装置”や“マルチブラケット装置”等を用いて治療を行ってきました。10年程前から、患者さんに負担が少なく、安定した結果を得る事が出来る治療方法の開発に着手して、以来、試行錯誤を繰り返し、現在の「プレオルソ」こども歯ならび矯正法に至りました。数年前から、日常の臨床で使用できる治療方法および装置が確立し、一般歯科医や矯正専門医の先生方にもこの装置や治療方法を実際の臨床で導入して頂き、数々の良い結果の報告を頂いております。

院長プロフィール

大塚 淳 (おおつか あつし)
医学博士 歯学博士 東京歯科大学非常勤講師

略歴

東京歯科大学卒業後、同大学矯正科大学院終了、同大学矯正科非常勤講師を経て現在、岡山にて矯正専門歯科を開業。
大塚矯正歯科クリニック院長

日本矯正歯科学会会員
顎変形症学会会員
日本口蓋裂学会会員
中四国矯正学会会員
日本小児歯科学会会員

Ⅰ.原著論文:1編

  1. 大塚 淳
    歯牙移動におけるCorticotomyの効果に関する研究
    ―三次元有限要素法による解析―
    (歯科学報91巻、1493-1527 1991年)

Ⅱ.臨床論文および症例報告:4編(うち英文:1編)
  (うち過去5年以内のもの、1編)

  1. 末石 研二、中川路 健司、大塚 淳、鈴木 敏正、山口 秀晴、
    瀬端 正之
    下顎前突を伴う顔面非対称症例について
     その1 軟組織と硬組織の偏位の比較
    (顎変形症研究会会誌、5巻、118~120 1986年)
  2. 中川路 健司、大塚 淳、末石 研二、鈴木 敏正、山口 秀晴、
    瀬端 正之
    下顎前突を伴う顔面非対称症例について
     その2 外科矯正法による治療前後の変化
    (顎変形症研究会会誌、5巻、156~157 1986年)
  3. 大塚 淳、地主 尚由、片田 英憲、鈴木 敏正、山口 秀晴、
    瀬端 正之
    Corticotomyを利用した歯牙移動の力学的研究
    -三次元有限要素法解析-
    (顎変形症研究会会誌、8巻、264-265 1989年)
  4. 大塚 淳、永山 久夫
    Clinical Experience of Skeletal Anterior Cross-bite with
    Limited Treatment Time
    (日本病院歯科口腔外科協議会誌、12巻、39~43 2000年)

Ⅳ.学会発表

  1. 大塚 淳、片田 英憲、鈴木 敏正、山口 秀晴、瀬端 正之
    Corticotomyを利用した歯牙移動の力学的研究
    -三次元有限要素法解析-
    第47回日本矯正歯科学会大会、昭和63年10月18日、神奈川
    日本矯正歯科学会雑誌、第48巻:120 1989
  2. 大塚 淳、地主 尚由、片田 英憲、鈴木 敏正、山口 秀晴、瀬端 正之
    Corticotomyを利用した歯牙移動の力学的研究
    -三次元有限要素法解析-
    第8回顎変形症研究会 平成元年3月5日、大阪
    回顎変形症研究会会誌、8:264 1989
  3. 大塚 淳、永山 久夫
    骨延長法を利用した、下顎拡大を行なう新しい歯科矯正治療法について
    第45回日本形成外科学会総会、平成14年4月18日、長崎市
  4. 大塚 淳、永山 久夫
    第46回日本形成外科学会総会、平成15年4月9日、神戸市
    骨延長法を利用した(下顎骨拡大および下顎骨延長術を行う)新しい歯科矯正治療法
  5. 永山 久夫、大塚 淳
    第47回日本形成外科学会総会、平成16年4月7日、東京
    下顎骨体部、正中部の骨延長を行ったPierre Robin syndromeの一例
  6. 大塚 淳、永山 久夫
    第48回日本形成外科学会総会、平成17年4月13日、東京
    骨格性下顎前突症に対する下顎枝垂直骨切り法(IVRO法)の予後について
  7. 大塚 淳
    第16回日本顎変形症学会総会  平成18年6月21日―22日 千葉
    Pierre Robin syndromeの骨延長による外科的矯正治療
  8. 大塚 淳、田代 芳之、部屋本 圭一
    第72回 日本矯正歯科学会大会 長野県 松本市
    平成25年10月7日(月)~9日(水)
    反対咬合の治療に用いる新しい機能的顎矯正装置の考案
    Novel functional jaw orthodontic appliance used for the treatment of anterior cross-bite
  9. 大塚 淳、田代 芳之、部屋本 圭一
    第52回 日本小児歯科学会大会 東京都 品川
    2014年5月16日(金)~17日(土)
    反対咬合の治療に用いる新しい機能的顎矯正装置の考案
    Novel functional jaw orthodontic appliance used for the treatment of anterior cross-bite
  10. 大塚 淳、岡 真代、田代 芳之
    第73日本矯正歯科学会大会 千葉
    2014年10月20日(月)~ 22日(水)
    子どもに分りやすい「機能的顎矯正装置」を用いたMFT
    MFT using “a new functional appliance” intelligible for a child
  11. 大塚 淳
    新しい機能的顎矯正装置を用いて早期被蓋改善した反対咬合の症例
    第 回日本臨床矯正歯科医会大会 愛知 名古屋
    2015年2月11日(水) 12(木)
    A cases of reversed occlusion that was early tegmental improvement using the new functional jaw orthodontic appliance
  12. 大塚 淳、田代 芳之
    第53回日本小児歯科学会大会 広島県 広島市 2015年5月18日(水)~22(金)
    子どもに教えやすい「機能的顎矯正装置」を用いたMFT
    MFT using “a new functional appliance” intelligible for a child
  13. 大塚 淳、岡 真代、田代 芳之
    第74回日本矯正歯科学会大会 福岡県 博多
    2015年11月18日(水)~20(金)
    上顎前突の治療に用いる新しい機能的顎矯正装置「プレオルソ装置」
 

スタッフ紹介

当院のスタッフをご紹介致します。院内で見かけたら気軽に声をかけてくださいね!
(1.職業/2.血液型/3.一言)

    1. 衛生士
    2. B型
    3. 毎日、愛猫を吸って英気を養っています。モフモフ最高!!!
    1. 衛生士
    2. O型
    3. ネコちゃんと旅行が大好きです。
    1. 衛生士
    2. A型
    3. ココスが好きです。おすすめは包み焼きハンバーグとカリカリポテトです!
    1. 衛生士
    2. B型
    3. 塩タンとB級映画を見るのが好きです!おすすめはシャークネードです。
    1. 受付
    2. B型
    3. 子育てと仕事に奮闘中!スパイシーモスバーガーの美味しさに目覚めました。
    1. 受付
    2. A型
    3. DVD鑑賞が好きです。

アクセス

診察時間
AM10:00~PM6:30
診療日
月・火・金・土・日曜(毎月1回 日曜休診・不定期)

〒702-8056 岡山市南区築港新町1-15-8
Phone : 086-264-0009 Fax : 086-264-0012