Q1. 矯正終了後、歯並びがまた元に戻ることはあるのでしょうか?
Q2. 後戻りの症状がでた場合、どのような器具を使うのですか?またその場合の治療費は、どのくらいでしょうか?
Q3. 小学4年生の娘の事ですが、5年前に受け口で矯正をして一旦治ったのですがまた、受け口になってきたような気がします。定期的な診査が必要でしょうか?
Q4. 矯正治療をきちんと終了しても後戻りをすることはあるのでしょうか?

 
Q1. 矯正終了後、歯並びがまた元に戻ることはあるのでしょうか?
A.歯列矯正治療が終了しても安心は出来ません。移動し終わったばかりの歯並びには、まだ不安定な状態だからです。移動した位置にしっかりと落ち着いてもらうためには、それなりの装置と時間が必要となります。
【↑戻る】
 
Q2. 後戻りの症状がでた場合、どのような器具を使うのですか?またその場合の治療費は、どのくらいでしょうか?
A. 取り外し式の装置又はブレースを再装着するという場合とに分かれます。治療費の方は実費等頂く場合もあります。
【↑戻る】
 
Q3. 小学4年生の娘の事ですが、5年前に受け口で矯正をして一旦治ったのですがまた、受け口になってきたような気がします。定期的な診査が必要でしょうか?
A. 受け口のタイプには、大きく分けて@骨格的な受け口、A機能的な受け口の2種類あります。これはセファロレントゲン(矯正特有の横顔のレントゲン写真)の撮影を行い、下あごの長さ、角度等を分析することによって、どの受け口のタイプかを診断します。下あごは、体の大きな部分を支える骨と同じ成長をしますので、身長が伸びると同時に下あごが出てきます。特に、骨格的な受け口の場合、成長が終わる16歳から17歳ぐらいまでは、慎重に定期的な経過観察の必要があります。また、機能的な受け口の場合は、骨格的ではなく前歯の角度によって受け口となっているので、後戻りは少ない傾向にあります。
 受け口の治療時期についてですが、早期治療(10歳前後の混合歯列期に行う矯正治療)することにより、前歯のかみ合わせが正常となるため、@正常なそしゃく機能を得る事ができるA下あごの成長を最小限に抑える事ができ、重篤な受け口を予防できるB比較的簡単な矯正装置で治療を行うので、患者さんの負担が少ないC矯正費用が少なくてすむ場合が多いーなどの利点があります。
 いずれにしても、受け口の治療は、一旦噛み合わせが治っても、下あごの成長が終わるまで定期的な経過を見る必要があります。
【↑戻る】
 
Q4. 矯正治療をきちんと終了しても後戻りをすることはあるのでしょうか?
A. 長い時間をかけて矯正した歯が元に戻っていく「後戻り」という現象は、我々矯正医にとっても患者様にとっても頭の痛い問題です。そもそも「なぜ歯は後戻りをするのか?」ということが科学的に解明されていない部分があります。一般的な「後戻り」の説明としては、歯の周りの骨や歯肉、唇や舌などの筋肉は、元の状態を覚えていますので、いったん歯並びが治っても、歯は元の方向に戻ろうとします。
 これを防ぐには「保定装置(リテーナー)」を使用します。リテーナーには、基本的に大きく分けて(1)固定式と(2)取り外しできるタイプの2種類あります。それぞれ利点欠点があります。固定式の場合、多くは歯の裏側へ金属ワイヤーを接着剤で固定するものです。固定式では歯の裏側へ付くため、どうしても汚れが付き易く、虫歯、歯肉炎になる可能性が高くなります。取り外しができるタイプは、食事、歯ブラシをする時は、装置を外してから行いますので、衛生的かと思います。しかしながら、リテーナーの装着を忘れることがありますので、その点で少し心配です。
 いつまでリテーナーを装着するかは、先生によって装置の種類、装着時間、期間等異なりますが、少なくとも歯を移動した期間、すなわち、治療に要した期間は、リテーナーを使っていただきたいと思います。
 また、体の老化現象として髪の毛では、黒い髪がだんだん白髪になり、皮膚では「しわ」「シミ」などが挙げられます。実は、歯並びも老化現象があります。その一つとして、専門用語で「歯の生理的近心移動」といわれていますが、わかりやすく言い換えると、歯は、年齢とともに、自然に少しずつ前方へ動いていく傾向があることが挙げられます。そのため、治療に要した期間リテーナーを使った後、全くリテーナーの装置を中止すると、後戻りでなく、自然に歯が前方へ動く傾向があるため、特に前歯が少し凹凸になる可能性があります。そのため、リテーナーは、より長く使うほうが良いかと思われます。
 以前、このコーナーでも書かせて頂きましたが、下顎の親知らずが、生えてくると、さらに後戻りを助長してしまうので、下顎の親知らずについても、早めに抜歯したほうがよろしいかと思います。



















All Right Reserved. Copyright(c) 2003, Otsuka Orthdontic Clinic.

counter