プレオルソ開発者 
矯正専門医の大塚 淳の一診入魂

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

お奨めの本

【こんにちは 大塚矯正歯科クリニックの大塚 淳です】

今日はお奨めの本のご紹介です

 

嫌われる勇気

自己啓発の源流

「アドラー」の教え

岸見 一郎 ()

古賀 史健 ()

 

アドラー心理系の本は数冊買いましたが

 

アドラー自身が書いた本はないそうです

 

フロイトにしても・・・そうなんですか

 

行きついたのがこの本です

会話形式 であまり好みではないのですが

わかりやすく アドラー先生と直接話しているかのような

錯覚に陥ります

フロイトとは反対の哲学です

 

お奨めです

 

人生のすべてに当てはまらないかもしれませんが

 

この位置を知っておくことは重要だと思いました

 

合掌

 

商品の説明

 

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な答えを提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう

著者について

岸見一郎 哲学者。1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の西洋古代哲学、特にプラトン哲学と並行して、アドラー心理学を研究。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。著書『アドラー心理学入門』など。

古賀史健 ライター/編集者。1973年福岡生まれ。1998年、出版社勤務を経てフリーに。これまでに80冊以上の書籍で構成・ライティングを担当し、数多くのベストセラーを手掛ける。20代の終わりに『アドラー心理学入門』(岸見一郎著)に大きな感銘を受け、10年越しで本企画を実現。

tyle=”font-size:large;line-height:1.2;”>著者略歴 (BOOK著者紹介情報」より)

岸見/一郎

哲学者。1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの青年のカウンセリングを行う。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問

古賀/史健

フリーランスライター。1973年生まれ。書籍のライティング(聞き書きスタイルの執筆)を専門とし、ビジネス書やノンフィクションで数多くのベストセラーを手掛ける。インタビュー原稿にも定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

#プレオルソ #小児矯正 #矯正歯科

 

新着情報

記事一覧

  • カテゴリー

  • アーカイブ